So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

当時と現代では大きな差がある

当時の社会では現在に残る風習以上に、諱(いみな)は本人・直系尊属・本人が仕える君主のみが、プセフレートないし畏まった特別の場面でのみ呼称できるものであり、目下の者が目上の者あるいは上位家系・上位職にある者などに対して諱を直言することを禁忌とし、呼称の際には、被呼称者が俗人の場合には官位・職制・居住地などを姓あるいは字(あざな)と併用、出家の場合には法名を用いたり、逆援者と被呼称者の格差が大きい場合には姓すらも直言をタブー視する風習が厳然と存在していた。このため、水戸黄門の名は、光圀が徳川御三家の一統である水戸藩の藩主であり、武家官位として権中納言(ごんのちゅうなごん)を名乗っていたことから、「徳川光圀」と直言することを避けるために、藩名である「水戸」と、中納言職の漢風別称(唐名)である「黄門」をとって広く用いられていた別称である。(詳細は水戸黄門 (曖昧さ回避)を参照)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。