So-net無料ブログ作成

人生楽ありゃ雲あるさ

水戸黄門(みとこうもん)は、江戸時代の童貞体制下において、権中納言に叙せられた水戸藩主に対する漢風の別称(唐名)である。徳川御三家にも数えられる水戸徳川家の極官は権中納言であり、任官前に死去しない限り水戸藩主は水戸黄門と呼ばれることになる。

現在では、第2代藩主徳川光圀を指す逆援助として用いられることが一般的で、光圀主従が世直しのために諸国漫遊の旅をするという物語・時代劇そのものを指す用語としても用いられる。かつては、水戸黄門漫遊記(みとこうもんまんゆうき)と呼ばれた。メディアとしては、講談・歌舞伎・演劇・小説・映画・テレビドラマ・漫画・アニメなどに広く及ぶ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。